[Novels]

【春風は、青だと四月の風は言う - プロローグ】
------------------------------------------------------
 4月から高校生になるんです。と、笑って挨拶をすると、近所の大人の人は大抵、「いよいよ青春時代に突入だな!」とか、「青春を満喫してね」とかって言うけど、そもそも青春って何ですか。「青い春」って、わけわかんない。春色って言ったら、どちらかというと桜色じゃない? 青色っていうならむしろ、夏だろうって気がする。
 中学の三年間っていうのは結構あっという間で、なんかこう、だるいとか言いながらもしゃべって笑ってってしてる間に過ぎていった気がするけど、でも青春とかっていうのはよくわからなかったし、噂によれば、高校生活ってのは受験勉強地獄でむしろ灰色だっていう話。
 「若いって良いわね」って、言われるけれど。若いと言われるこの瞬間の、一体、どこに青い春ってやつが入り込む余地あるのかなぁ?
-----------------------------------------------------

【春色は、青だと四月の風は言う】-01へ



【青春してない学園コメディ12のお題】
01.入学式に遅刻したら、誰もいないはずの教室になんか不思議な人たちが残ってた……。
02.食パンをくわえた女子高生とぶつかって――さあ、何が始まる!?
03.進路調査表に至って真面目に書いたら職員室に呼び出された。
04.中学時代の悪事がバレたらもう明日登校する勇気がありません。
05.盗まれたスクール水着を捜し出せたら、そいつが犯人ってことにしておこう。
06.そもそも夏休みとか気の抜けている期間に大量の課題をやれというのが、間違っているのだと叫びます。
07.台風が依然強い勢力を保っているのは全国の学生の強い思いによるものなんですよ。
08.運動神経切れてる人にとって体育祭なんて女子の生足見るくらいしか楽しみねーんだよ。
09.昨日母親と喧嘩したら、弁当箱に缶詰(未開封)だけが入っていました……。
10.思いっきり振った炭酸でロシアンルーレットとか日常にそんなスリルいらない。
11.帰宅部の何が悪いんだよ、別に普通に帰って再放送のドラマとか見てるだけだって。
12.お前らの関係ってカレカノなんですか、それともパシリ?

お題配布サイト「MEMO」

Index